血行不良を防ぎ頭皮ニキビ予防

頭皮ニキビができる理由と予防方法

頭皮ニキビは、顎などのフェイスラインや顔などにできるニキビとは異なり、ニキビが大きくなくても触るとズキンとかなり痛いのが嫌ですね。
ちなみに、頭皮ニキビが他のニキビよりも痛いのは、頭皮の場合は皮下脂肪が少なく、ニキビに伝わった衝撃がそのまま直接神経に伝わるからだそうです。

また、頭皮ニキビができると、場所や大きさによってはヘアスタイリングにとって邪魔で、思う存分お洒落を楽しむこともできなくなってしまいます。
そしてタチの悪いことに、一般に頭皮ニキビは他の箇所のニキビに比べて治りにくく、更に頭皮は刺激を受けることが多いためにより悪化してしまうおそれも大きいのです。
他の箇所のニキビよりもタチの悪い頭皮ニキビですが、もちろん頭皮ニキビができた後でも塗り薬や飲み薬などを使うことで完治することができます。
しかし、それまで長い間上に挙げたような症状で苦しまなければならないのは大変ですから、やはり普段から頭皮ニキビの予防をするということが重要だと思います。

頭皮の血行不良を防ぐ

冬場の寒さで血行不良の女性
ニキビを起こすのは頭皮の血行不良もあります。
頭皮の血行が悪くなると、必要な栄養分が頭皮深くまで行き届かなくなります。そして頭皮を固くなります。
そのため頭皮の規則正しいターンオーバーが乱れ、古い角質が剥がれ落ちず新しい頭皮が生まれ変わりにくくなります。
このような古い角質は汚れが留まりやすく毛穴詰まりの原因となります。
血行不良は冬場の寒さ、食生活の乱れ、ストレスなどで引き起こされます。

しっかりと睡眠をとる

適度な睡眠をとる女性
そして睡眠不足も血行不良の原因となるので、しっかりと睡眠をとる事もニキビ予防の大切な要素となります。睡眠不足も皮脂の分泌を過剰にします。
睡眠中は成長ホルモンが分泌され、身体の新陳代謝を促します。
しかし、睡眠不足になると、その機能が弱くなり、ニキビの修復も十分に行われません。
このため、頭皮ニキビが発生しやすく、なかなか治らないことにもなりかねないのです。

頭皮のニキビを予防していくには禁煙を

禁煙を試みる女性
頭皮のニキビが出来る人のほとんどの人は喫煙者と言われています。
喫煙をしているとタバコに含まれているニコチンを摂取してしまうので血管を収縮させてしまい血行不良になってしまいます。
そのため頭皮周辺の血流も悪くなって頭皮環境が悪化してしまいニキビが出来やすい状態になってしまいます。
頭皮のニキビを予防していくには禁煙する必要があるでしょう。
また、皮脂の過剰な分泌を抑制し、皮膚の新陳代謝を活発にしてくれるビタミンCを壊すものとしてタバコの存在があります。
ニキビの炎症を防御してくれるビタミンCを壊すばかりかタバコに含まれるニコチンは血流を悪化させて、ターンオーバーを鈍らせ頭皮を荒らす結果になり、頭皮ニキビの要因になります。
頭皮ニキビの予防には“ニキビ体質”にならない努力が大事になります。

頭皮ニキビの予防に関連するエピソードはこちら

頭皮ニキビを解消したい方にオススメ!!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*