しっかり寝てる!?頭皮ニキビの発症メカニズムとは

頭皮ニキビの発症メカニズムとは

頭皮が正常な状態の時にも痒みが伴ってしまいますが、時には痒みの他に痛みが出てきてしまう場合もあります。
しかも痒みや痛みが長い期間出てしまうと明らかに頭皮の状態に異常があると判断されます。
頭皮の異常にもいろいろなものがありますが、その一つにニキビが出来てしまう事が挙げられます。
ニキビが出来てしまうと頭皮が赤くなってしまい周囲の人にも悪い印象を与えてしまう事があります。
そのため頭皮にニキビが出来てしまわないように原因をしっかり確認していきましょう。

睡眠不足が招く頭皮ニキビ

睡眠不足の女性
ニキビは古い角質が剥がれ落ちて皮脂が毛穴から放出されるターンオーバーが正常に機能しなくなることで発生します。
ターンオーバーを正常に機能させるには、規則正しい食生活や生活習慣を送ることが欠かせません。
髪の育成には午後10時から午前2時がゴールデンタイムとされていて、この時間帯には睡眠を取っていることが必要とされていますが、頭皮のターンオーバーに関しても同じことがいえます。
睡眠中に成長ホルモンが分泌されて新しい皮膚細胞が生成されますが、睡眠不足になってしまうと新しい皮膚細胞が生成されなくなって頭皮に悪影響を及ぼしてしまいます。
それによりニキビも出来やすくなるので睡眠をしっかり取って頭皮に悪影響を及ぼさないようにしましょう。

日常のストレスとニキビの関係性

ストレスを溜める女性
一見、関係なさそうに思えるストレスとニキビの関係ですが、実は大きな関係があるのです。
ストレスを溜め過ぎるなど精神的に疲れている時も頭皮の免疫力が低下するのでニキビが出来てしまう事があります。
また精神的に疲れてしまうと内臓にも影響してきてしまいビタミンやミネラルが不足してきてしまいます。
私たちの身体はストレスにより胃腸が弱くなりますよね。
胃腸の調子が悪くなると、ビタミンやミネラルが不足するため、体内の不純物が排出しにくくなり溜まってしまい、それがニキビの原因となることもあります。
頭皮にニキビが出来ないようにするにはストレスを溜めないようにして精神的な部分を安定させる事も大切になってきます。

頭皮のニキビ解消を本気で望むあなたへ!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*